便秘にいい食べ物、サプリ

偏った食事をしていると便秘になるというのは誰でも知っているくらいメジャーですが、では偏った食事とはどういう事なのでしょうか。

 

お菓子ばかり食べているというのは良くないというのは分かりますが、母親が出してくれる食事をとっていても便秘になる人もいます。では、何が足りなくて便秘になっているのでしょうか。

 

よく知られているのは腸の働きを良くするという事からヨーグルトや、食物繊維が豊富という事でバナナなどがありますが、実はヨーグルトは腸を冷やして動きを鈍くさせたり、バナナの食物繊維は水分を一緒に沢山取らなければ逆に詰まってしまうという事もあるのです。

 

そこで、メリットとデメリットを考えて一番便秘にいいのではないかと言われているのが”トマト”です。

 

トマトには食物繊維はもちろん、たっぷり水分を含んでいます。しかも、トマトの赤い成分であるリコピンとカリウムが整腸作用がとても高く、便秘解消には最適な食材なのです。

 

ダイエットや美容にいいと取り上げられるトマトですが便秘にもいいのは、昔からあることわざにも示されています。

 

”トマトが赤くなると医者が青くなる”これはトマトが健康に良い食材だという事を昔の人も分かっていたからなのでしょう。

 

食事で毎日のトマトを食べられないという人は、サプリメントも有効的です。食物繊維の入ったサプリメントを摂取する際には、たっぷりの水と一緒に飲むように心がけましょう。

便秘は病院にいくべき?

便秘が悪化するとどうなるのでしょうか。

 

腸の中に便が何日も居座り続けている事を考えれば、体に良くないことは誰にでも分かりますよね。

 

それによって病気になったり、気分が悪くなったり、日常生活に支障がでてきてしまう事もあるのです。

 

しかし、何日も排便がないという事で病院に行くのは恥ずかしいと思う人は多いでしょう。

 

けれど、それよりも便秘の辛さや便秘による病気の事を考えると、病院で診てもらうといいでしょう。

 

便秘で病院へ行く時は消化器科へ受診しましょう。

 

若い人にとっては便秘で病院へ行くのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、年配の方はとても多くの人が便秘で受診しています。

 

ですからお医者さんも普通に診察してくれますので、恥ずかしがる必要はありません。

 

受診すると便が出やすくなる薬を処方してくれたり、便秘解消の食事のパンフレットなどがもらえます。

 

自分が便秘で悩んでいる事があれば、専門の先生ですから聞いたら答えてくれますので、不安も解消されるはずです。

 

市販の薬で便秘を解消している人もいますが、市販の薬は癖になって、薬が無くては自分で排便することがますます困難になるという事もあるようですから、やはり病院へかかるのがいいでしょう。

 

便秘は何かの病気が隠れている可能性もある為、ひどい便秘の人はぜひ一度病院へかかる事をおすすめします。